ヨークシャテリア

ノミを予防する

前を見据える猫

ペットにつく寄生虫の中でも、もっとも多いのがノミです。ノミは犬にも猫にも寄生しますので注意が必要です。
特に野良猫には必ずと言っていいほどノミがついていますし、犬は散歩の際にノミを持って返ってきてしまう可能性があります。
多頭飼いしている方は特に気をつけないと、すべてのペットに移っていく可能性が高いです。いつ持って返ってくるかわからない以上、常にくすりは常備しておきましょう。
ノミに噛まれたペットは、アレルギー反応でかなりの痒みが生じます。痒みはペットにとって大きなストレスになりますので、長い目で見た寿命が短くなってしまうかもしれません。
症状が悪化すると、あまりの痒さに身体をかきむしり、痛々しいことになってしまう可能性もあります。
そうなる前にフロントラインなどのくすりを使っておきましょう。

ノミに有効なフロントラインというくすりは、犬にも猫にも使える万能なくすりです。
スプレータイプのくすりを身体に噴きかけるだけなので、使うのは非常に簡単です。注射などと比べるとペットのストレスも少ないでしょう。
フロントラインを使用すると、現在付いているノミを駆除できるのはもちろん、皮脂腺に蓄えることによって約一ヶ月間の間に付着する新しいノミも駆除します。
一度の使用でしばらくの期間はノミの心配をする必要がないので、フロントラインは犬や猫を飼っている方にとっては必要不可欠なくすりだといえるでしょう。
フロントラインは動物病院でも購入ができますし、通販でも購入が可能なので、入手も簡単です。一度使うとしばらくは効果を持続させますが、結局は切れてしまいますので、いつでも使えるように常備しておくことをオススメします。